ミイヒ(NiziU)痩せすぎ、脚細すぎ。。。画像で検証!

Sponsored Links

いよいよ12月2日にデビューを控えたNizi Projectでの厳しい選抜を勝ち抜いたガールズグループ
NiziU。
そのメンバーの1人、ミイヒこと鈴野未光ちゃんは今
デビューを前にして、体調不良により当面の間活動を休止。となってしまいました。

ミイヒ、激やせ前のNizi Project初期の様子

ミイヒちゃんは、一目見た瞬間からかわいくてかわいくて
応援をしていました。
初めて見たのが地域オーディションの最終審査。
私もよくわからないまま見たのですが
東京会場で
NiziUの中でもトップクラスの実力とされる
「MAKO」こと山口真子ちゃん(ほとんど全てを1位で通過した名実ともにみんなのお姉さん的存在)
「RIMA」こと横井里茉ちゃん(親の七光りに頼る必要のない美貌と実力の持ち主!)
と共に地域オーディションながらJYPエンターテインメント練習生として既に
7ヶ月のトレーニングを受けているという何だか不公平感とか出来レース???とかいう
ワードが頭を巡りながら、最初に名前を呼ばれたミイヒちゃんの審査を見たものでした。

ほっぺたはぷくぷくで
自己紹介の時の言葉がなんだかたどたどしくて
思わず韓国系の子???と思ったけど
伊藤由奈さんの「Precious」を歌い始めた瞬間、その存在感に引き込まれました。
なんというか選曲もミイヒちゃんの雰囲気や声にすごく合っていて
この「Precious」という曲自体はそういえばあったな、位しか覚えていなかったのですが
もうミイヒちゃんの歌声ですっかり頭に浸み込んでしまい。。。
(伊藤由奈さんも好きなアーティストですが、今回ばかりはすみません。。。)

そこからもう彼女の才能に惹かれて
選抜のパート1からパート2の最終選抜まで彼女の姿を追っていました笑

ミイヒ、激やせ前に見せた多くの才能と無邪気な笑顔

Nizi Projectの選考は、各自与えられたペンダントに
ダンス、ヴォーカル、スター性、人柄を意味する4つのキューブをはめ込んでいきます。
ですので、それぞれの分野での選考が進められていったわけですが
私がミイヒちゃんに引き込まれたのは、彼女のヴォーカルになりますので
ヴォーカル審査に絞って紹介していきます。

先程の「Precious」は地域オーディションでの最終審査で披露した歌ですが
パート1のヴォーカル審査では
中島美嘉さんの「雪の華」。

ここで今まで赤ちゃんほっぺ、八重歯のまだこの時若干14歳だったっけ?でも
実際の14歳は思春期真っ只中の憎たらしい盛りだと考えると
まだまだぽわんぽわんの幼い魅力満開だったミイヒちゃんが
3位という順位に悔しそうな表情を見せ、インタビューで
「ボーカルポジションなので本当は1位を取りたかった」と言っていたのが新鮮でした。

その後行われたスター性テストはちょっと微妙な審査でしたが
スター性に自信がないという謙虚な姿勢のミイヒちゃん。
でもぴょこぴょこと出てきた瞬間に、皆から笑顔を引き出すかわいらしい魅力を持ち
バトンを使ってのダンスでキューブを獲得していました。

ミイヒ、激やせ前にみせた才能の集大成「Nobody」

これまでどちらかというと、というより完全に
幼い、カワイイカワイイ妹。(姪っ子ちゃん?ま、孫???)と言った風情であったミイヒちゃんが
大人の表情を見せて、餅ゴリことJ.Y.Parkの度肝を抜いたのが
このパート2の最初の審査「個人レベルテスト」で見せた

Wonder Girlsの「Nobody (Rainstone remix)」。

このヴォーカル審査で念願の1位とキューブを獲得したミイヒちゃん。

1位になった感想を聞かれた時に
「次のステージの時にはもっと良い姿を見せられるように頑張りたいなと思います」
と語っていたのですが、ここから徐々にスランプに陥っていくことになるのです。。。

ミイヒ、激やせの原因はJYPからの酷評?脚の画像で検証。

その後のミイヒちゃんは、チーム戦では勝つことが多いものの
期待値が高まりまくったJYPから厳しい評価を受けることが多くなっていきました。

ここからどんどん。ミイヒちゃんの脚が細く細くなっていくのです。

1位を取った「Nobody」。この時も十分細いけれど健康的な脚。と言えます。

その後、パート2のミッション3まではなんとかガリガリ!ではない気がします。
残念ながら、可愛かった八重歯はパート2の前に直したらしく感じがちょっと変わってますが。
ただそのミッション3で餅ゴリに「今までのパフォーマンスで一番残念。」と言われ
これまでで最下位の11位(13人中)まで落ちてしまってからの最終ミッション。
その時の脚が。。。

1位を取った個人レベルテストから
(一貫して上位を取り続けたMAKOちゃんの安定感はすごいと思う!)
最終的にNizuUとして選抜されたものの、「6位」という形は
本人にとってはあまり納得出来なかったように思います。
この細く、細くなった脚にミイヒちゃんの苦悩が現れたように思います。

この場面でもJYP、餅ゴリは「ご飯沢山食べてね、少し痩せているから」と声を掛けていましたが。。。
休養という結末です。。。

ミイヒちゃんが絞り出すように言っていたミッション3での言葉
「色々考えすぎて、楽しめなかったと思います。」
大人はもう、子供に圧力を掛けるのを辞めようよ。。。

ミイヒ、激やせ後休養。また見たい圧倒的才能と無邪気な笑顔

ここまでのミイヒちゃんを見ていて
私は彼女に、ジュニアに出てきた頃の浅田真央ちゃんを思い出させる子だな。。。と感じておりました。
日本のフィギュアスケート界に、突如現れた天才少女。
普段の顔は、本当にスケートが大好きでたまらないような一生懸命な女の子。
その後本人が望む望まないは関係なく、周囲からのメダルへの期待、キムヨナや韓国からの圧力等々の
プレッシャーや、大好きなお母さまの死。等様々な苦難に見舞われ
迎えたソチオリンピックのショートプログラムでまさかの16位スタートとなった真央ちゃん。

てか、餅ゴリ!
人柄という評点を入れるのは良いけれど。
SNSで叩かれ、遂には自殺。という悲しい結末が多く見られたK-POP界。
このコロナ禍で、日本も近くなってきていることに少し怖さを感じている私。

三浦春馬さん、芦名星さん、竹内結子さん。。。

いずれも劣らぬ大きな実績を残した俳優の方々。
大きな影響力を持つ方々。

このサイトは家族が一番!家族が楽しく、子供が楽しくすくすくと大きくなるような情報を
載せていけたら。。。と始めました。

アイドルに、芸能人に憧れて、入った美しい子供たちが
心痛めて自ら命を絶つようなニュースをどの国でも見せてほしくないです。

2021年はこの連鎖を断ちたいですね。。。

Nizi Projectの人柄評価でも、お人よし=いい子。だとしたら、
世間の酷評に鋼の心で立ち向かう子の方が少なくなってしまうような。。。
人柄の良い子を集めたのならば。その後のケアも含めて徹底して欲しいと思う母心です。。。

ソチの16位スタートから、圧力から逃れて
フリーでは感涙の演技を見せた真央ちゃんのように
休息の後にはそのままの才能を発揮して欲しいと感じるミイヒちゃんです。


紅白を前に復帰のニュースが出たけれど。Mステにも出てたけど。
大人の事情で、紅白には何が何でも出場せよとの圧力ではないことを祈るばかり!
Mステでレッグウォーマー風の衣装だったけど、それでもまだ脚は細かったから。。。

Sponsored Links