ジューサー1つで家族みんなが健康に!でも本当に効果があるジューサーは1択?

子供の元気のために何が出来る?

暑い日が続き、日々体からエネルギーが失われていく感覚が強いです。
自分の体力の衰えを感じると共に
もう1つ前ではなく2つ前の時代となってしまった
昭和生まれの当時の子供たち(=今の大人)より
平成後半にかけて生まれている我が子たちの世代の方が
色々な食材や日光や植物などのアレルギーや
気管支が弱く、喘息持ちが多かったりして
基礎体力が弱まっている気がしています。
温暖化によって夏の温度も熱中症患者が多発するレベルまで上がっていたりと
気候的な問題なども相まって「元気印のやんちゃ少年少女」が
減ってきているような。。。

我が子もちょっと咳き込んだら、グズグズと長引いたり
インフルエンザの流行時にはもれなく感染したり
かなり小さい年齢から花粉の時期にくしゃみ・鼻水が止まらなかったりと
なんだか基礎体力や免疫力が足りていないのかなと感じることが多いです。

そこで、働くお母さんは考えるのです。

食材を吟味して何種類ものおかずを作って
食育から、強い体と心を作っていきたいと。

食育したくとも、時間とお金が。。。

しかし、現実的には
働きながら、厳選素材を吟味する買い物の時間を確保するのも
一日に給食以外の2食をキッチリ調理する時間も
お弁当も含めていいものだけを揃えるための経済力も、
素材の良さと栄養をそのままに美味しい食事を作る技術も
圧倒的に、悲しいくらいに圧倒的に足りなかったりします。我が家はね。

それでも何とか!
ずぼらでも、時間がなくても、お金がなくても
一日のはじめに、エネルギーがフツフツと湧いてくるような良い健康法はないものかと考えに考えました。
子供の元気と、根気と、知能のためには
インスタントと冷凍食品だけでは絶対によくないってことは感覚的にわかります。
人間の体は普段何を食べているかで作り上げられたものだと思うから。

そこでふと思い出したのは。

ウン十年前、私が新卒で入った会社の新人研修の場でも紹介された
当時日本の頑張っているビジネスマンはほとんど読んでいたのではないかと思われる

この本は、そのウン十年経った今でもマンガ版が制作されたり

改訂版のみならず、「7つの習慣に学ぶ~」的な関連本や
オーディオブックも販売され続けている不朽の名作的な自己啓発本です。

この名作を日本で爆発的に広め、自身も経営コンサルタントとして
エネルギッシュに活動して、大成功しているのが
ジェームス・スキナー氏。

その著書である「成功への9ステップ」。

このような自己啓発本を結構買ってしまうのですが
キチンと噛み砕いて実践していないから、成功とは程遠い私なわけですが
子供の親になって、子供の健康を真剣に考えた時にふとこの本の中のある部分が
記憶によみがえってきました。

「ジューサーがあれば、他に何もいらない!」

そう言ってないかもしれないし、この本もう持っていないので確認するには
また買うか、借りるかしないといけないので
私の断片的な記憶に過ぎないのですが。

とにかく、成功を成し遂げるためには
健康が不可欠で、そのためにはジューサーを買いましょう。
といった感じだったような。。。

この本を読んだ時は、刹那的な生き方をしていて
守るべきものもなかったし、健康というものを意識することもなかった
若かりし頃でした。

ですが、守り育てる対象が出来
その健康について真剣に考える今日で、まず思い出したのが
この本でした。

長い長い前振りではありましたが、
ジューサーさえ買えば、家族の健康が保たれるとあっては
そりゃあもう、買わずにいられません。

私の失敗。ジューサーは何でもいいわけではない!

そして、おっちょこちょいな私はまた失敗いたしやした。。。

とりあえず!安いジューサーを購入いたしました。

邪魔。面倒。そして、健康状態は変わらず。

なんなの、ジューサーさえあればいいって(怒)
邪魔なだけで何も変わらないじゃないか~~~。

で、終わっていたのですが。

いざ、きちんと調べてみると。
ジューサーなら何でもいいわけではなかった。
ジューサーとミキサーの違いもいまいちわかっていなかった。

その違いは!

「分離」なんだそうです。

ミキサーは

野菜やフルーツを
「刃物で粉々にしてかき混ぜる」
水分が多い野菜やフルーツは液状になりますが
だいたいは
”水などを加えて「繊維が入ったスムージー」”を
作るのに最適

ジューサーは

「繊維と水分に分離させる」
なので素材だけで
「さらっとしたジュース」を作るのに最適。

そのジューサーの中でも

スロージューサー(低速ジューサー)

がベスト!ということがわかりました。

それは、

ゆっくりぎゅっと圧縮して搾ることにより
食材の細胞をほとんど破壊しないため
「栄養をそのまま」
活かすことができ、摩擦熱が少ないため、
熱に弱いと言われる「酵素」も
なるべく破壊せずにジュースが作れる

から!

というわけで、栄養を壊さず
しかも美味しいジュースを作れるジューサーとなると
かなり絞られてしまうようなのです。

実際、お金に糸目をつけなければ
素晴らしいジュースを作れるジューサーはいくらでも選べるらしいのですが

キチンと家族の健康が守れて
高いけれども、許容範囲。というジューサーというと
こちらの1択になるようなのです。

ヒューロムスロージューサー!

こちらですと特典が豪華!

約2Lのジュースが搾れる野菜セット

無農薬にんじん 3kg
りんご     3個
レモン     3個

5年保証!

シトラススクイーザー
スムージーストレーナー

がついてくる!

にんじんを絞った際に出来る繊維も活用できちゃうそうで。
サイト上でレシピ本もダウンロード出来ますよ。

私は、このジューサーを紹介しているところで
実際作ったジュースを試飲させてもらいました!

アーモンドとビーツと。。。

アーモンドとビーツと、あと何かは忘れちゃいました。テヘ笑

でもアーモンドとビーツという時点で
絶対に一般家庭にある食材じゃないと思ったので
飲んでみたいと思って、グイっといきました。

お子様には苦みがあるかもと言われて、子供と飲んだけど
とーーーーっても美味しかった!
子供も「美味しい~~~!!!」と感激。

それで、すぐ導入を決めました。

食育で、子供の健康のみならず
知能にまで影響すると私は思っています。

これから、困ったちゃんのウチの3兄弟も
脳の発達や血の巡り、色々改善されることを心から望む!母でした。

楽天ファンにはコチラ

楽天にもショップありました~♪

Sponsored Links