Missデビル人事の悪魔、主題歌は?感想と菜々緒のパンプスブランドは?

いよいよ今日から始まる注目の2018春ドラマ

「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」!!!

悪女役が定評の女優、菜々緒が、今度は「悪魔」に?!

まずは気になるドラマのイントロダクションから。

菜々緒、悪女を超えた「悪魔」になる!

型破りな人事コンサルタントが
オフィスの闇を暴き出す!
ダーク・ヒロインの赤いヒールからは、
どんなも逃げられない。
菜々緒、ゴールデンプライム帯ドラマ初主演!
新しい形の痛快オフィス・エンターテイメント・ドラマが幕を開ける!

その剛腕から「人事の悪魔」と呼ばれる
強烈なキャラクターの
人事コンサルタント・椿眞子つぱきまこ)。
彼女がハラスメントはもとより、社内恋愛のこじれ、
職場の士気を下げる社員にいたるまで、
どんな会社にでも起こりうる問題を
大胆な手法で解決していく様を、
サスペンスチックに描きます。

2018年春、
美しき悪魔のショータイムが幕を開ける!

公式より拝借しましたが、

面白そう!

すごく刺激的なドラマです。

高度経済成長期に大量に企業に詰め込んだ?世代のうち、
一体会社の繁栄に一役買ったのはどれくらい?

パレートの法則というものがありますね。

80対20の法則。全体の2割が会社の売り上げに
貢献しているという。

それから、バブル期入社組も数だけ多くいて、
そのうち2割しか使い物にならないでいる間に
あっという間に就職氷河期に突入、
少しずつ良くなってきているとはいっても
現代の人事事情はとても厳しいものになっているかも
しれないですね。
そんな厳しい中勝ち抜いてもやっぱり80:20になる不思議。。。

正直、私も色々な会社を正社員や契約、派遣社員等様々な立場から
見てきましたが、本当に会社に必要な人材というのは
本当に数えるほど。(年配も若年層も同じく)

その他の社員、職員などは何やってるんだか。。。という。
で、大抵そういう社員の方が会社にしがみつきますから。
変わらないんですよね、比率が。。。

第1話のストーリーは?

このドラマのジャニーズ枠、Sexy Zoneの佐藤勝利くんが
フレッシュな新入社員役を熱演しておりました。

この佐藤勝利くんはなかなか珍しいタイプのジャニーズですね。
ちゃんと新入社員らしいフレッシュさと、真面目さも出てるし
(茶髪じゃないからかな?)
それでいて、意志の強そうな大きな目が印象的で
ジャニーズっぽいかわいらしさもあるんですね。
素朴な役柄が出来るジャニーズって
井ノ原快彦さんとか、風間俊介くんとか?
結構地味目な人が多かった気がするんだけど(すいません)
顔立ち自体は華やかだけど、
真面目な新入社員役が似合うっていうのがいいですね!

そして菜々緒さんの存在感はやっぱり圧倒的!
これまでの悪女役から、さらに進化?した
正しさも備えた「悪魔」役を好演していました。

また、脇には船越英一郎さん、西田敏行さん、鶴見辰吾さんと
結構なベテラン勢。

そうそうたるキャスト陣ではありますが、
ドラマ自体は1話完結となっていて
気軽に見たい視聴者層のニーズと合う昨今流行のスタイルなんだそうです。
というわけで、キャスト陣は重厚だけど
ストーリーは軽快に進んでいくのではないかと。

確かに私も1話見逃して、意味がわからなくなって
途中で見なくなったものもあるので、完結型が好きです!

水戸黄門とか?古畑任三郎とか?古い?

第1話のストーリーは

老舗の損害保険会社「共亜火災」に佐藤勝利くん演じる斉藤博史が
同期入社の藤堂真冬(白石聖)や南雲陽一(前田航基)と共に入社する。

そこで菜々緒さん演じる人事コンサルタント、椿眞子と会い
スタートした2週間の新人研修で課せられる無理難題!
50人の新入社員を研修中に10人に絞ると宣言する眞子によって
博史たちは、過酷な試練に挑む!

結果、眞子さんは正しい判断を下して、
親の七光的なバカボンを消しました!

ただの悪魔ではなく、正義の悪魔!といったドラマで
痛快です。

斉藤博史くんも無事?椿眞子の直属の部下となったところで
第2話へと続くことになります。
面白いドラマでした!

 

Sponsored Links



 

使われている主題歌は?

なんと、新曲ではありません!

もうすぐ引退する安室奈美恵さんの「Body Feels EXIT」。
1995年にリリースされた名曲です。

ドラマで流れるのは昨年11月発売のベストアルバム「Finally」のために
再録されたバージョンだそうです。

 

1995年ということは、もう23年も前の曲!
それが、2018年春ドラマに使われて何の違和感もないというのは
やっぱり安室奈美恵は偉大だ!ということですよね。

当時17歳、現在40歳。なのに全く変わらない安室ちゃんの美貌!
歌の力強さと安室ちゃんのカッコよさ、
菜々緒演じる椿眞子と共に「強い女」の象徴のようで
ピッタリの選曲だと思います。

菜々緒の履いている真っ赤なヒールのブランドは?

そうでなくても長~く、美し~い菜々緒さんの脚を
更に更に際立ててくれていたのは
やっぱりという感じの

「クリスチャン・ルブタン」(Christian Louboutin)。

自らの名前を冠したブランドを靴ブランドの最高峰といえるものまで
育て上げたクリスチャン・ルブタンは
1964年にパリの母子家庭に生まれて、3人の姉妹に囲まれて
育ったという環境から、女性目線が身に着いたのでしょうか。
その環境が、後のデザインの重要なヒントになっていると
ルブタン本人も語っているということです。

その後、フランスの代表的なブランド(エルメス、シャネル、
サンローランなど)で靴の製作にかかわり
1991年に自分のブティックをオープンしたということで
思ったよりずっと新しいブランドで
一気に名を広めた凄腕だということで、
今回の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の椿眞子のイメージに
ピッタリです!

ソール面の美しい赤が象徴となっているルブタンの最新ヒールは

 

すごい艶やかな加工でエッジが効いてるスタイル!

レッド・ソールと同じく、ルブタンブランドの象徴ともいえる
スタッズ仕様のヒール、迫力があるけれど
デニム素材でカジュアルさもあって、ステキです。

オーソドックスなエナメルパンプス。
どんな洋服にも割とオールマイティーに似合い、注目度・おしゃれ度アップの赤はやっぱり素敵。

こんなのも、見つけました。

私には、ルブタンは色んな意味で高~いので
(ヒールもお値段も!)
こっちが程良いなぁ、それでもやっぱり
高いけど。。。

でも同じ工房ということで、さすがの美しい
シルエットです。7cmヒールも程良い。
12cmとなるとほぼつま先立ち感覚になりますから、私。
12cmヒール履くようなシチュエーションもないしね。
子どもを追いかけることも出来んわ。


Sponsored Links