細田善彦の実家と出身大学がスゴ過ぎ!そしてその演技力は?

Sponsored Links

19日に都内で行われた結婚情報サービス誌「ゼクシィ」の新CM発表会。
新CMガールとして、井桁弘恵さんがお披露目されましたが

井桁弘恵、細田善彦と300回以上キス?2018ZGは才色兼備の大学生!

その相手役として、登場したのが

細田善彦さん。30歳。

この細田さんについて、以前から知ってましたが
改めて調べて見たら、様々な驚愕の事実が判明しました!

細田善彦の俳優としての実績は?

細田さんは、読み方は同じですが

「細田よしひこ」という名前で以前は俳優活動をされていました。

代表作といっていいのは

「ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~」の佐古 克己役。

北乃きい主演でイジメの描写がすさまじく、
良くも悪くも社会の反響が大きかったドラマです。

佐古克己は成績1番の優等生という表の顔と
異常な性癖という裏の顔を持つ、ヒトクセもフタクセもある役。

その佐古克己役を怪演し、一躍有名になったのです。

それが2007年のこと。

その後も数々のテレビドラマや映画出演をされた後
2013年に当時所属していた
「スターダストプロモーション」を離れ、
現在の「細田善彦」さんに名義変更しての
今回のゼクシー男優(セクシー男優みたいだ。。。)起用となりました。

細田善彦の大学は?

11代目ゼクシーガールの井桁弘恵さんも福岡の名門高校を卒業し
現在は早稲田大学生なのでは?との噂ですが

細田さんの出身大学は

「慶應義塾大学」(お、早慶戦?)です。

井桁さんの大学は、公にはされていませんが

細田さんについては、

幼稚舎からの生粋の慶應ボーイ!ということが分かっています。

そして、

「ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~」等有名ドラマに
出演する俳優として活躍しながら

2010年に慶應義塾大学商学部をきちんと卒業しています!

2010年ということは、3月4日生まれで現在30歳の細田さんは
22歳のはずですから、芸能活動を行いつつ
浪人も留年もせずに卒業されています。

優秀なんですね。。。

Sponsored Links



 

細田善彦の実家は?

幼稚舎からの生粋の慶應ボーイで、
(なにせ、大学から慶應義塾に入った人は慶應ボーイとは言わないそうなんで。。。
といっても、高校から慶應義塾に行った人談。なので、どうなんだか。。。)

俳優としても、評価されている細田善彦さんですが

幼稚舎から慶應義塾に入るような方は名家出身が多そうではありますが
ご多聞にもれず、細田さんもこれまたビックリ

大手和菓子屋「榮太樓總本鋪」

が、ご実家!というお家柄でした!

榮太樓總本鋪は言わずと知れた

飴が人気の有名すぎるお菓子屋さんです。
お店の名前を冠した「榮太樓飴」。
その代名詞は「梅ぼ志飴」と言われ
「梅ぼ志飴」は有平糖本来の黄金色と、ベニバナから採った赤い色素を練りこみ、
その艶やかな透明感とコロンとした三角形は、1857年の発売当初から人気を博していたそう。

創業は文政期の1818年、初代徳兵衛が拳煎餅を売る屋台店「井筒屋」を起こし、
後を継いだ三代目細田安兵衛が日本橋に独立した店を構え、金鍔を扱うようになると共に、
創業者である細田安兵衛の幼名「栄太郎」に因み、そのまま屋号を「榮太樓本舗」とした。

という、今年でちょうど200年もの歴史を持つ
正真正銘の日本を代表するお菓子メーカー!

細田善彦さんはその榮太樓總本鋪の御曹司だったのでした。
本当に驚きでした。

私が最近ハマったのが、しょうがはちみつのど飴

Amazonのレビューでも
「榮太樓總本鋪」の飴しか口にしない。怪しい成分が一切入っていないから。

さらには、他の飴でお腹が痛くなった。というようなことも
コメントされていたので、

繊細な舌と胃腸?を持つ人がいるものだな~
とビックリしたのですが
さすがの200年続く老舗です、高品質でやさしい味。
スーパーでもよく見かけるので、是非お試しくださいね!

というわけで、

2018年のゼクシーガールとゼクシーボーイ(?)
と、言うかどうかはわからないですが

2人そろって才色兼備の驚くほど
神に愛されているとしか思えない経歴でした。

細田善彦さん、やっぱり「ライフ」のクセのある役のイメージが
強烈で、正直ポジティブな印象ではなかったんです。

でも実家が老舗のボンボンでありながら
悪役も臆せず演じ、役のために世間から嫌われ(私だけ?)
そして、名義を変えたりしながら
ゼクシーCMで見せるやさしい笑顔など俳優として
様々な顔を見せてくれて、紆余曲折もありながら
頑張っているんだな~。と思ったらファンになりました。

榮太樓の飴ももちろんファンで居続けます~

 

 

Sponsored Links